ブログ

「心の充足度」が明らかになる今こそ、毎日をやり直すチャンスと考える

投稿日:

2020年4月11日の朝日新聞朝刊に掲載された、美容ジャーナリスト/エッセイストの齋藤薫さんのエッセイから引用です。具体例の部分を略しています。

 

誰もが忙しい日々に追われ、いつの間にか”望んでいない生き方”になっていたりする。

(略)

今まで走り続けていた人たちに、立ち止まる時間を与えた。全てを見直す猶予を与えた。当たり前が当たり前でなくなる事態は、逆に自分の生き方をゼロに戻してイチから立て直す、予期せぬエネルギーを与えてくれるはずなのだ。

この際何かやり直したいと思い立ったら、まず自分の中のモヤモヤを解決する形で、具体的なリセットをしてほしい。

(略)

ともかく心にひっかかっていたことを、クリアにする。それが生き方リセットのコツ。

(略)

そこで何を考えるか……。じつは、他者との関わりを持たずに家にいることで、今まで見えなかった自分の内面が不思議なほどくっきり見えてくる。”予定表”の予定でごまかしていた心の充足度も見えてくる。だから、自分の人生において一番大切なものは何なのかをもう一度見極められるはず。そのうえで毎日を一からきちんと生き直す、今しかないほどのチャンスである。

 

仕事が減ったり、仕事を失ったり、医療の現場で奮闘されていたり、様々な非常事態の渦中にいる方がこのエッセイを読んだら、呆れたり、怒りが沸いてきたりするかもしれません。もし読むことで不快な思いをされる方がいたら、申し訳ありません。誰かの心を波立たせる意図はないのですが、新型コロナウイルスが人や社会に与える影響はそれほどに大きいと感じています。

 

私自身は、この事態にエネルギーが沸いたり、チャンスを感じているわけではありませんが、「自分の生き方を立て直す」、「具体的なリセット」、「心にひっかかっていたことを、クリアにする」、「自分の人生において一番大切なものは何なのかをもう一度見極める」、こういったところには共感したので引用させていただきました。

 

当たり前が当たり前じゃない時にしか、気づけないことってたくさんあります。これまでにも数回、自分の価値観を認識したり、大きく変わったことがわかるできごとがありましたが、今の時期もそうかもしれません。

 

今までは何も思わなかった自分の持ち物についてここ1か月くらい色々なことが目について、自分の中でモヤモヤしてきていて、今がリセットのタイミングなんだなと思いました。

 

時間は限られていて、やっぱりその時間を楽しく、気持ちよく過ごしたい。それを考えると、今は溜め込んだものが多すぎるような気がしてきて、空いた時間で物を処理しています。

 

今日は、私のワークスペース周辺を。過去の手帳10年分、好きだったけれど読み返すことがなさそうな本、資料、写真……。手帳や写真は、なかなか考えさせられることが多かったですが、今は気が楽になりました。

 

10年くらい使ってきた冷蔵庫のサイズが小さくて、週2回買い物をする必要があることがここ最近イヤだったの冷蔵庫を600Lに買い替えました。買い物を週1回にできれば、その分1時間以上時間が生まれるので、その時間でもっと子どもたちと落ち着いて向き合う時間を作れます。こんな状況だからこそ、家族が健康でいてくれることのありがたさが身に沁みます。もっと、今に集中した方が幸せだなと改めて思いました。

 

手帳を処分した時に、過去を振り返って後悔と、安堵がありました。過去や他人は変えられないんだけれど、今、何を選択するかは自分に委ねられているし、その選択が、この先につながっていきます。

 

先行きが見えないと不安になることもたくさんありますが、今の状況から自分で何を選んで行動すれば、この先への希望を見出すことができるか、考えて過ごしたいと思います。

 

何はともあれ。三密を避けながら、空いた時間で散歩をしたりして健康に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

-ブログ

Copyright© OPT LIFE ブログ・ お知らせ&業務 , 2020 All Rights Reserved.